システム

GMOのSEO対策で実現するマル秘・ユーザー獲得法

プロの対策

PC

誹謗・中傷がインターネッと上で書き込まれると、見えないダメージを背負うことになります。特に企業の場合は、信用力やイメージが大きな柱となっているので、誹謗・中傷が出た途端に経営不振に陥ってしまう恐れはあるでしょう。このような被害を最小限におさえるために、風評被害対策があります。風評被害対策の中でメインに行なわれているのは、逆SEOやネガティブサイトの後退。ユーザーの目に触れないように検索ページから後退させることによって、被害を最小限に抑えることができます。また、悪質なものに対してはページやサイトの削除を要請することもできるので、効果的な風評被害対策になります。

ページやサイトを削除するか、後退させて目に触れさせないようにするかの風評被害対策は、書き込まれているサイトの属性によります。例えば、ページや書き込みが独立されている場合は端的にページやその部分のみ書き込み自体を削除できるでしょう。ただ、サイト全体の一部に構成されている場合は難しく、削除対象にできない可能性があります。このあたりは、誹謗・中傷がどのようなところで発生しているのかを調査してもらった後、適切な風評被害対策を行なってもらうのが得策です。また、見つかっている誹謗・中傷の書き込み以外で新たに発生することが不安視される時は、監視・モニタリングの依頼をすると効果的です。プロの目で同じような被害を受ける可能性がないかどうかを見極めた上で即対処してくれるので、安心してお任せできます。